ゴルフ打ち方チェックしてみよう





アプローチチェック


アプローチの重要性はボールコントロール性にあります。つまり狙いどころにいかに正確にボールを運べるか、そこが問われているのです。距離と方向の両方の勘を養うには適当な距離にカゴなりバケツを置いて、その中に上手く入れるつもりでボールを打ちます。何発も打つうちに、距離感が合ってきますと、ボールがおもしろいようにカゴの中に入るケースが出てきます。入る数が増えるほどアプローチの勘は冴えてくることになるのです。
どうしても上手くいかない場合は、自分の手でボールを投げてみることです。下手投げでカゴを狙います。アプローチ感覚とは目標にボールを放り投げる感覚と一緒です。柔らかく下からボールを放り投げてみてください。このやり方であれば、目標をとらえやすいはずです。遠くへ飛ばす場合は上からオーバーすローで投げますが、あくまでコントロールを優先するときには下手投げのほうが距離感があってきます。このイメージのまま、再びウェッジを持ってカゴ狙いのショットを行ってください。この練習が上手くなると手で投げるよりウェッジを使ったほうが正確度がはるかに高くなってきます。



パッティングチェック


パッティングは実にデリケートなものです。わずかな身体の動きの失敗が、ラインや距離感を狂わせるからです。そのときの感情の揺れや迷いが、手先の悪い動きとなるのです。パットを追及していくほど、そのデリケートさが理解できてくるものです。海外のゴルフジュニア教育ではショットよりもパッティングから入る傾向になっています。
もちろんジュニアは身体が完成していないことから、パットを優先するという根本の考えもあるのでしょうが、若いほどパット感覚を体得しやすいこともあるのです。
まず、きちんとヘッドが前に出ているかどうかチェックします。2本のティペッグを狙っていく方向に立て、この間にボールを通して打ちます。フォローの位置で、フェース面が直角に2本のティに当たれば、フェースはライン通りに正しい動きをしていることになるのです。ここで、フェース面が2本のティに同時に当たらないで斜めに当たるとしたら、正しいストロークではないのです。