ゴルフバンカーを克服!単純に2種類のバンカーを想定して攻略してみよう



ゴルフバンカーを克服!単純に2種類のバンカーを想定して攻略してみよう


バンカーショットは苦手....  初心者も上級者も苦手意識を持ちやすいものです。
ですが、コツをつかんでしまえば、バンカーショットを克服してほしいです。
コースの状況により視界の見え方や、壁があったりします。
今回はバンカーの砂地、2種類を想定した打ち方とポイントをお伝えしていきます。


1、砂が固くしまっている場合

ボールの手前にヘッドを入れてしまうとソールが滑らず跳ねてしまいトップになってしまいます。ボールだけ拾えば通常のアプローチと同じなのですがバンカーだと打ち込みすぎてしまいます。
対策としては、まず、左足に体重をかけ、ボールは右足よりに置きます。目線はボールの左(5センチほど)側に向けます。目線をそうすることによって体の動きが変わり、そこを最下点にするスイングになりやすく、ダフリ予防にもなります。ヘッドが砂より先にボールに当たれば成功です。ただ、ボールだけを拾うつもりでも少しは砂の抵抗をうけるため振り幅は少し大きめにしましょう。

2、砂の量が多く球が沈んでしまってる場合

フカフカの砂や、補充したてで、砂の量が多くなっているバンカーでは、球が沈みやすくなっていて通常通りヘッドを入れても取れる砂の量が多く、抵抗をうけるため飛距離が落ちてしまいます。この場合、砂が多く取れることを予測できたら、大き目の振り幅で振りましょう。そういっても力任せに振るわけではなく、トップまで上げるスピードと振り下ろすスピードを等速にする感じで振りぬきます。そして、フィニッシュは大きめにとりましょう。

通常のバンカーショットでもそうですが、難しいライではヘッドが砂に入る位置を一定にすることが大切です。ボールの手前に線を引いてそれより左側の砂を取る練習をしましょう。リリースが早いと線より手前にヘッドが入ってしまうので手首の角度をできるだけ長くキープしておくことがポイントです。ただし、そのあとヘッドを叩きつけてはダフってしまうので、シャフトが水平になる位置までクラブが落ちてきたら体の回転で自然にヘッドを下ろすというのが正しいといえます。
砂に入る位置を一定にすることができたら、今度は砂に入る深さをコントロールすると、球質を打ち分けたり距離感を出せるようになります。ボールから少し離れて立てば、スイング軌道がフラットになり砂を浅く取れるようになります。これは、距離のあるバンカーでダフリを避けるのにも有効です。反対にボールへ近づくと、クラブの長さが余るようになり軌道がアップライトになるため砂が厚く取れます。これはトップを防げるようになるテクニックです。どちらも有用なテクニックですので覚えておきましょう。