初心者にありがち、スライスを直す練習法





スライスに悩んでいる人は多いかもしれませんが、練習で直しておきましょう。
有効な練習法としては左足でボールを踏んで打つというものです。この練習は左足上がりの斜面での打つ感覚を養う練習法としても使えるので実践してみましょう。
左足でボールを踏んでスイングすると、バックスイングで左肩が入りやすくなり、反対にフォローで左肩が開きにくくなるのでスライサーに多い手の振り遅れが直りフック系のボールになるということです。
もうひとつは、アドレスをクローズスタンスにして直す方法もあります。左より右足を後ろに引いて構えるとバックスイングで左肩が楽に入ってクラブがインサイドに上がります。そして、その位置から振り下ろすと、クラブの軌道がインサイドアウトになってフックボールになってくるのです。このインサイドアウトの腕の振りの軌道を覚えておいて、普通にスタンスした時も同じ振りかたで打てばよいのです。
これでも直らないという方は、アドレスで後ろ向きに構え、その姿勢からクラブを真正面に振り上げます(背面打法)。これがトップオブスイングで、この体勢ができたらその位置から上体を90度左に回しながらボールを目標方向へ打つようにしてみてください。もしその際、フォロースルーが窮屈に感じるようでしたらダウンスイングで左足を目標方向へ踏み出しながらボールを打ってみてください。こうすることによって、バックスイングで左肩が十分入っているので、ダウンスイングで右肩はつっこまず、軌道はインサイドアウトに自然となるのです。この背面打法は欧米では矯正法として取り入れられているそうです。