つま先下がり・つま先上がりのショット





コースの上ではティーグランド以外はフラットな所はないといっても良いでしょう。
ですので、平らではないところから打つ機会が多くなります。そこで、傾斜している地面からしっかり打てるような技術が必要になってきます。
傾斜がきつい場面では重心移動が難しいので下半身を安定させてしっかりボールに当てることが求められます。ほとんど手打ちといっていいでしょう。もちろん傾斜によって番手を切り替えることも重要です。そんな中でよく難しいといわれているのがつま先さがりの場面といわれています。傾斜では全般的に下半身を沈め、重心をコントロールできるポジションを探しましょう。つま先下がりで、スライスで狙う場合のスタンスは左向き、ボールの位置は状況しだいですが、上げる場合は左、上げない場合は右よりにします。ウェイトは均等にし、フェースの向きはターゲットです。つま先下がりでは重力が前にかかり、体が突っ込みやすいので注意も必要です。重心を落とし、構えたらその姿勢を崩さず振ることがポイントです。
ひっかからないようにするために手とシャフトの角度をキープしてフェースターンをさせずに打ちましょう。また、フックがでてしまう可能性がある場合はあえてフックを打ってしまうという考えもあります。ターゲットの右を向いて構えます。このアドレスから打てばフックがかかります。
クローズスタンスでフックをかけますが傾斜と相殺され、そこまで曲がりません。ですので、狙いはやや右めにしてコンパクトに打つようにしましょう。

また、つま先上がりの場合の打ち方で一番スタンダードなのは、クラブを短く持ってターゲットの右を向いてそのまま振ることです。棒立ち気味のアドレスから前傾角度を気にすることなく野球のように横振りのイメージで振り抜きます。しかしこのショットには曲がりの計算はだいたいできるが、球が落ちた後、止まらないと言う問題があります。打つのは簡単ですが、結果が伴わないというショットといえるかもしれません。