スライサーのためのラウンド心得





「右OB]に行かない構え方、飛ばし方



 右OBホールなので、左を狙ったのに、いつもより大きくスライスしてやっぱりOBだった。そんな経験はないでしょうか。右OBホールは、スライサーにとってはまさに鬼門のホールといえるでしょう。今回はそんなスライサーのために、ラウンドで絶対に右に飛ばさない方法をお教えします。
 右にOBやハザードが待ち受けているホールでは、スライサーは左狙いが基本です。右のティマークぎりぎりにティアップして、コースの左サイドを狙うように立てば、右サイドのハザードは視界から消え、狙いどころよりも右に広いスペースが見えるようになります。そのためフェアウェイを広く使えて、スライスをしてもOBになる危険を防げるのです。それでもなぜかいつもより大きくスライスしてしまうというのは、実は、左を向いた「つもり」になっているからなのです。せっかく左を向いているのに、フェアウェイへ打ちたいという欲が出ると、インパクトではフェースが開いて、右に大きく飛び出すか、いつもより大きなスライスになってしまい逆効果です。ここで大切なことは、左を向いたら頭も体も完全に左サイドに向けて思い切り左に振り抜いていくという強い気持ちです。
 また、ボールを上げようという意識は捨ててください。「低いライナーでもOK」という気持ちを持ったほうが打球の着地が早くなり、左右の曲がりが抑えられて、飛距離はでなくてもOBに打ち込む危険性は低くなります。低い球で、左を狙い打つイメージでショットしてください。右へ曲がることへの恐怖心から、当てに行く意識が強くなると、左ヒジが引けて体が突っ込んでしまって、スイング軌道が定まらず、さらに大きく曲がってしまいます。また、ヘッドが大型化されたことで、重心距離が長くなり、ボールがつかまりにくくなっています。フェースが返りにくい要素が強いのでスライスしやすいことも頭に入れておきましょう。



フェアウェイは見ずに左のラフをターゲットにする



 スタンスを左に向けて、左を狙っているつもりでも、意識の中に少しでもフェアウェイに打ちたいという気持ちがあると、どうしてもフェアウェイの方向へ打とうと体が動いてしまい、スライスになってしまいます。フェアウェイは見ずに、左のラフだけ見て左に振り抜く意識をもちましょう。そこで、左を向いて左へ振り抜くための具体的なポイントを3つほど紹介します。
 まず、狙い方ですが、ティグランドの右サイドにティアップして対角線に左サイドを狙うことです。コースの幅を最大限に広く使え、また右サイドのハザードを視界から消すことで、安心感を高めることができます。そのようにアドレスをしたら球筋はいつもの「スライス」を打つつもりでOKです。無理にフックを打とうとすると手首を使いすぎて、左に引っかけてしまう可能性があります。いつもどおりのショットを心がけてください。また、ティアップはボール半個分低くします。打球の滞空期間が長くなるとスライスの曲がり幅が大きくなってOBになりやすいので、低い球で早く着地させるようにします。

 ふたつめのポイントですが、目標の見つけ方です。中途半端にフェアウェイの左サイドを狙うわけではなく、林に打ち込むつもりで左サイドのラフを目標にします。そうすればいつもどおり右に曲がってちょうどフェアウェイに落ちるはずです。目標を決めたら、次はボールを打ち出していく方向にスパット(目印)を見つけます。木の葉や芝の色が違う部分にするといいかもしれません。
 最後のポイントは構え方です。アドレスに入るときは、左腕からボールにセットしたほうが、方向がズレにくいのでいいと思います。右腕からセットすると体が開いて右を向き、スライスの原因になったり、逆に右肩がかぶって大きく左にひっかける原因になったりするので注意してください。



右手が左手を追い越すように使う



 スライスも出るけどフックも出るという人もいると思います。そういう人は絶対に右へ飛ばさないために、確実にフックを打つ必要があります。そこで、そういう人のために、フックの打ち方を紹介します。
 ポイントはインパクトからフォローにかけて、右手を追い越すように動かすこと。体の回転とともにフェースも返るので、つかまった強いボールが打てます。その際、フォローでクラブを横に振り抜くこと、体の回転は絶対に止めないように振り切ることを心がけましょう。また、ベースボールグリップは右手を使いやすい握り方なので、ボールをつかまえる動きを入れやすく、右手の動かし方を覚えるのに効果的です。また、ティショットをする前に、フェースを返す腕の動きをイメージしておきましょう。右手と左手を離して握り、何回か素振りをすると、右手が左手を追い越す動きを体感しやすいはずです。このようにして、フックが打てるようになったら、左サイドを狙わず、ティグランドからフェアウェイに真っすぐ打ち出しましょう。



右手でボールを拾うようにインパクトする



 さらに絶対に左にしか行かないスイングを作るポイントを紹介しましょう。
まず、「右手でボールを拾う」イメージでインパクトします。ダウンスイングでタメを作りすぎてしまうとインパクトでフェースが開く可能性があるので、どうしても左に打ちたいときは、コックを早めに解く意識を持つといいかもしれません。そのためには、右足の前にあるボールを打つイメージで振ること。このとき、右手でボールをすくうように動かしてみてください。そして、アゴの向きを意識します。
トップでのアゴの向きを保ったままインパクトすることで、フェースが返ってボールのつかまりが良くなります。アゴはボールの右側を指したままにします。ボールを少しでも上げようとすると、アゴが左を向いてフェースが開くので注意してください。絶対に左にしか行かないスイング、最後のポイントは、怖がらずに思い切りフェアウェイ左に振り抜くことです。フェアウェイの左サイドに向かって、体ごともって行くつもりで振ってください。
右肩は目標よりも左側に回すように振ったほうが、左に振り抜けるでしょう。