ショートスイング「テークバック」でやってはいけない注意点



スイングの始動は丁寧かつリズミカルに行う


アドレスからスイングへの切り替えですが、このタイミングは非常に難しく、一度タイミングを逃してしまうとなかなかテークバックできずに固まってしまう方もいるようです。
だからといって、いい加減な振り上げではスイングが流れ、ヘッド弧の軌道も乱れてしまいます。
 スイングの始動はプロの方を見てもフォワードプレス(グリップ部分を少し左に寄せ、その反動で始動)する方や、右ひざを押し込んでから引き上げる方などさまざまですが、それぞれが経験から自分に最適なタイミングを見つけ出しています。
 アマチュアゴルファーの方へのお勧めは、音を体に刻み込むこと。といっても難しく考えないでください。アドレスして、その場で軽くヘッドで地面をトントンと叩く、次の瞬間スーっとヘッドを引く。この「トントン」と「スー」というリズムを体に刻み込んでほしいのです。なかば強制的なスイングの始動法ですが、リズムに乗ってスタートすることで、スムーズなスイングが約束されます。



テークバックの注意点


左肩からクラブヘッドまでは一直線に

アドレスで静止します。そして左肩から左腕、クラブヘッドまでを一体化してテークバックします。つまりはいきなり手首を折ったり、右ひじを折りこんでヘッドを上げないということです。
両肩、グリップ、クラブヘッドのバランスを崩さずにテークバックすることが軌道を崩さず、強く、大きなスイングの第一歩となるわけです。


チェックポイントはグリップが右腰を通過した所

両肩、グリップ、クラブヘッドの位置関係を崩さないでクラブを動かしはじめたら、第1チェックポイントはグリップが右腰前を通過する地点です。ここの通過で右ひじを畳み始めます。
しかし、これも急激な畳み込みではなく徐々にです。そのとき右ひじは畳まれるもののけっして地面を指す方向には向きません。手首の角度もアドレスの時のままです。



下半身は積極的には動かさない

アドレスでの体重配分は左右均等です。両足とも土踏まずに体重をかけます。アドレスで体重移動を感じたら、スイング中は特別な意識はいりません。意識しないということは、下半身は動かないということなのですが、止めておけということではなく、上体のねじれに従い、引っ張られて下半身も少し動くのは当然ですから、積極的に動かしてはダメです。ということです。
これらの注意点を意識して練習してみましょう。