ゴルフの良いスイングは音で解る★グリップの「両手使い方」感覚




“ビュン”とうなる音でよいスイングができているかどうかがわかります。フォローの部分に入ってからビュンと豪快な音が出るのがよいスイングだ。
素振りも何も目標なしでやっていてはダメなのだ。クラブの音を聞くことでスイングがわかってくる。
クラブという棒をシャープに振り抜く方法がとにかくこの素振りでわかってくる。
次に当然、問疸となってくるのが、そのシャープな振りで実際にボールを打てるかどうかである。 「実際のショットではなぜ素振りと同じように振れないのか」大半はこう悩んでいるはずだ。
この素振りと実際のショットのギャップを埋めていく工夫を素振リに取り入れていかなければならない。 私はゴルフを始めて1年ぐらいたつと、素振りでは「プロ級の振りだね」といわれるようになってきた。 しかもその半面、ボールを打つと素振りとはまったく違う人間が打っているぞともいわれるようになった。

素振りと実際のショットの違いは、ボールがあるのとないのとの違いであることは明らかである。 ボールという目標物がない素振りを実際のショットにどのようにして近づけるか。 実際のショットではボールと体との距離を正確に保ってフェースのスイートスポットをボールに当てる軌道を作らなければいけない。
空中を振るだけの素振りは、ヘッドがどこを通ってもいいのだから、いかようにも振れてしまう。 そこでマットを手に入れた。ボールの下に必ず存在する地面を目標にする。そこらの地面を目標に振り回していればクラブは傷だらけだ。そこでマットを目標にして、その上をこする素振りを始めたわけだ。

次に両手の使い方を素振りで追求したいと考えた。 いろいろ試してみた結果、右手はグリップせず、添えるだけにして振ってみると、両手、両腕の使い方がわかることに気がついた。 アドレスでちゃんと両手をグリップした後、右手をそのままの位置で手のひらが垂直になるように 開いてしまうのだ。右手はパー、左手はグーの形のままスイングするのである。 スイングをリードする左腕の動かし方がこれでよくわかってくる。インパクトからフォローにかけて左手首はどう勣いていくかそして左腕はどうたたんでいくかについてもこの方法でよくわかった。 また、リードする左手に右手がどう協力していくかは右手の力の出し方でわかる。 実際にクラブを握っているのは左手だけだから、いつもの素振りよりゆっくりのリズムになる。 しかし、これでもインパクト直前から右手人さし指の付け根でグリップを押していく動作がうまくできるようになれば、ヘッドはけっこう加速してビュンという音が出るようになる。

私はこの方法で「両手の使い方」の感覚を身につけました。