テイクバックの練習法





ゴルフは静から動へと切りかえるきっかけが難しいといわれています。止まっているボールを打つためには、アドレスでいったん静止しなければなりません。そこから動く、つまりテイクバックを始めるのが難しいということです。
もちろん完全に静止しては動き出せなくなってしまうのでプロはワッグルをしたり、両足を交互に踏んだりして、体を動かしている。しかしその動きは小さいものです。アマチュアはそういう小さな動きをしていてもテイクバックを始めるときには「いざ」という感じになってしまいすでに力が入ってしまっているのです。テイクバックはクラブをトップまで持っていくための最初の準備動作であって、勢いをつける必要はありません。スムーズに低く、最初の30センチをまっすぐに引ければそれでいいのです。

テイクバックをスムーズに始めるためにはこんな練習法があります。ボールを2個、縦に並べておき、手前のボールの先にクラブヘッドを置いて構える。そこから一度フォロースルーをしてからバックスイングをして、手前のボールを後ろに転がす。そしてもう1つのボールを打つ。たったこれだけのことでスムーズなテイクバックがどんなものかが実感できるのです。この練習法では、ボールが後ろに転がるので後方には注意しましょう。ただ、正しくやればボールはコロコロと転がる程度です。危険を伴うような転がり方をするようならば、テイクバックに力が入りすぎていることが考えられるでしょう。



テイクバックを低く取る練習


テイクバックは低く、最初の30センチはまっすぐ引くといいましたが、低くまっすぐ引けばクラブがスイングプレーンから外れずにインパクトゾーンが長くなって方向性も飛距離もアップするのです。その感じをつかむ練習法があります。



ボールの後方30センチにヘッドカバーを置く


ドライバーを使いテイクバック。この時にヘッドカバーにクラブヘッドが当たれば合格です。クラブを持ち上げようとすれば当たりません。



アイアンのバックフェイスでボールを後ろに押し出す


ショートアイアンを使用し、ボールの7~8センチ後方にもう1つボールを置きます。前のクラブにクラブヘッドをセットしバックフェイスで後ろのボールを後方に押し出すようにテイクバックして前のボールを打つ。後ろのボールが40センチくらいまっすぐ転がれば合格。それ以上転がるようならテイクバックのスピードが速すぎる証拠です。スイングリズムが速くなりがちな人には最適な練習法といえます。