ドスライスが治らない人は






ゴルフスイングの中で、いわれたことや見た目の通りにマネすればほぼ間違いなく実行できるのは、アドレスからテークバック、そしてトップまでである。
ダウンスイングがスタートした時点からは、部分、部分の静止した形を意識しても意味がなくなってきます。気に入ったプロのスイングのある部分をマネしようとして意識しても、それは全体のスピードを止めるようなことになる。マイナスはあってもプラスはないのである。
ダウンスイングからは、どんなイメージを持ってクラブを振っていくのかが必要になってくる。イメージの脳である右脳がどう働くかにかかっているわけだ。
右脳がどういうイメージを持って振るかで、その結果は大きく変わってくる。
ドスライスがピタッと治るイメージを紹介します。
右肩を止めて腕を思い切って振れ。 トップの位置に右肩を止めておいて、左サイドのリードにまかせ両手を真下に下ろすような感覚で、腕をビュンと振り抜いてやるイメージを持ってスイングしてみよう。ボールは間違いなくつかまるようになってスライスは止まる。
「右肩を止めておいたらフォローに向かって振り抜けないではないか」と思われがちですが違います。
ドスライスを打つ人は、そのイメージでやっと肩が正しく使える。クラブの振り切れる運動に従つて肩は回ってくれるものなのである。
ボールを体の正面でつかまえるようにインパクトができれぱ、ボールはまっすぐに飛んでくれます。
しかし、「体の正面で打ちなさい」といわれ、それをイメージして打っても、それはなかなかできるものではない。正面で打っているつもりで体は左に大きく開いてしまっている。
それでは、「左肩をアドレスの位置に止めて振れ」といわれる。左肩を開くなというわけだ。
しかし、それでも体は開いてしまってボールはつかまらない。なぜならば、いずれも原因を治療していないからなのだ。 体が開いてしまう原因は、これはもう、ダウンスイングからすぐに右肩が突っ込んでいってしまうからにほかならない。右肩がかぶっていってしまうのです。
「打ち気」が右肩を突っ込ませる。 クラブはアウトサイドから入って、ボールはスライスになるか、ひっかけになるかのどっちかだ右肩に突っ込まれるから、「開くまい」と思っても左肩は開いてしまうのだ。
ドスライスが治らない人は、右肩をトッブの位置に止めておいて 腕を振るぐらいのイメージでちょうどいいのです。
それぐらいで肩、体はやっと正しく使えるのだ。「明治の大砲」のようなショットのイメージでよい。気分よく振るために、右脳で作 るイメージと実際の動きには、常 に誤差があることを知ってもらいたい。