トップの矯正法






 ダフリミスとトップミスは表裏一体の関係にあるといえます。
スイング弧が歪み、ヘッドが早めに落下すればダフリで、遅れればトップです。したがってダフリチョロのあとでトップチョロはよく見る光景でしょう。しかしながら、ダフリが体の右サイドの落ち込みや突っ込みに起因しているのに対し、トップの直接的原因は左サイドによるものです。左腕が縮み上がればヘッドがボールまでとどきませんし、左ヒザが硬化して伸び上がりを見せてもボールの頭しか叩けないというわけです。ヘッドがボールまで届かないというのであれば、ボールの位置を右に寄せれば解決しそうな気もします。ですが、これはボールの位置が左にズレがちな方、そしてスイング弧がしっかりとされた方のみの処方箋と心得ておきましょう。ダフるからボールを右に・・・ほどの悪影響はないにしてもボールの位置は常に固定が望ましいものです。インパクトで右ヒザが走り右腕が伸ばされれば、ヘッドというものは相当左の球まで拾ってくれるものなのです。トップ直後の1打、左ヒザに意識を置き上から打ち込まないようにヘッドで球を払い飛ばすイメージでスイングしてください。左ヒザは「思う」だけで、硬化や伸び上がりを防げます。そして払うイメージで振れば体重も右から左へ移動します。そうすれば、ヒザは動き、腕は伸ばされるのです。ボールまで十分にヘッドが届くようになるということです。
このヒザの動きと払うインパクトをスムーズに行うために、左腕重視の素振りが効果的です。左手で打つ限り、インパクトは打ち込み型となるので、左腕1本でゆっくりと素振りし、正しいヘッド弧の着地地点の記憶をよみがえらせてからアドレスに入ることです。
練習場でじっくり矯正するのでしたら6番アイアンを高めのティアップでショットしましょう。トップはダフリの恐怖心から生まれるミスです。地面を叩きたくないから左腕が縮んでしまうのです。それなら、地面を叩かない環境(ハイティアップ)を作り、そこでスイングを作り直せばいいのです。また、左足の下にボールを1個置くことも効果的です。左足が不安定になり、インパクトで伸び上がったり固まったりできない環境になるのです。
ただし、左足の下のボールはダフリやすくスライスしやすい環境ともなるので、体の動きを感じることができたら、慣れてしまう前にやめましょう。