ゴルフクラブにより違う、インパクトゾーンを捉える



ボールを打つのがゴルフなので、インパクトは非常に大事です。しかし、一瞬のことで、形を意識するのは難しいものです。
クラブヘッドでボールをとらえる瞬間、それがインパクトです。昔も今もこの瞬間の形を意識しようにも認知できるものではありません。瞬時のことですので。
むしろ、ダウンスイングからフォロースルーにかけての一通過地点と言えるでしょう。それゆえにインパクトというのは、ボールをとらえる瞬間=点ではなく、ダウンからフォローにかけてのゾーンだということを認識していただきたいです。
かつてインパクトはアドレスの再現とする説がありました。インパクトが点ならばそれも理にかなっていますが、現実において点でボールをとらえることはとても難しく、実利性はありません。やはりゾーンなのです。ならば静止の形であるアドレスの再現であるはずがないのです。
ショートスイングでは、広義においてそのトップ位置こそインパクトゾーンの入り口で、フィニッシュ位置こそインパクトゾーンの出口となっています。そしてインパクトゾーンにおいて、もっとも重要なことは、加速状態でヘッドを走らせることです。最大のヘッド速度でボールをヒットするというより、最大の加速状態でボールを打ち抜いていくのです。飛距離のこともありますが、加速状態でヒットしてこそ打球は曲がらず、高い直進性をもつのです。

インパクト時のフェース向きを知る

加速状態でボールをとらえる限り、打球はそうそう曲がらないものですが、ボールをとらえた瞬間にフェースが右を向いていればスライスし、左を向いていればフックします。このフェース状態を正しく知るには、ロフト角の少ないパターでヒットしてみることです。また、打球が最初から右へ飛び出す、逆に左へ飛び出すなどのミスはインパクトゾーンのヘッド弧の軌道によります。打球がまっすぐ飛び出すように調整しましょう。このように打球の行方はインパクト時のヘッドの様子を知る重要な手がかりとなるのです。