インパクトでグリップはオープン気味でよい




実際とは違った感覚で扱わなければ正しい結果が出ないのは、グリップも同様だ。 インパクト時のグリップの形はどうあるべきか。みなさんがご存じのようにアドレスの位置に戻ってくればいいのである。
しかし、アドレスと同じ形にしようという感覚では、現実にはボールを飛ばすグリップは戻ってこ ないのだ。インパクト時のグリップの形はどうイメージすべきなのか。 ふだんと同じようにアドレスしてもらいたい。
両腕は力を抜きダラリと下げる。クラブヘッドはその位置から動かさない。その形から、左腰を左方向に廻すようにする。左腰に力の入ったインパクトの形だ。力の入っていない上半身も微妙に動く。両手も左方向に動く、右ヒジのところは曲がった感じになり力がたまっている感じになるはずだ。
グリップ全体としては開いた形になるといっていい。この形でインパクトを迎えるような気持ちになってもらいたい。これがグリップのインパクト時の絶対感覚なのである。 グリップは少し開いてインパクトしていいという感覚こそが、クラブを正しく振り切るためには必要な感覚なのだ。アマチュアゴルファーは、インパクトでアドレスと同じグリップの形にしようとやっきになる。そのために、ダウンスイングから右手を早く使う。
これでは、私がいっている「縦に振る」という形ができない、夕メもできない。ヘッドはアウトサイドから入ってきて、インサイドに抜けてしまうのである。必死になって戻そうとすることでスイングはガタガタになってしまう「インパクトでグリップはオープン気味でよい」 この方が右手の使いを遅らせ余裕を持って使うことができる。
ダウンスイングに入ってすぐに右手を使うこともなくなるから、タメもできるのである。
下半身リードで力を入れずにクラブを下ろしてこれさえすれば、実際にはフェースが開いてインパク。卜することはないのだ。
ヘッドは気持ちよく走って思いどおりのインパクトに向かってくれる。
実際の形と感覚上の形に常にズレがあることは、グリップについても同じなのだ。