インパクトの瞬間が見えていなければいけない





スライスを直すにはアドレスでフェースを開き、インパクトでもオープンフェースに入れてくる感覚が必要だ。
フェースをかぶせて打つ感覚からオープンにして打つ感覚。この感覚のスイッチは練習場ではわりと簡単にできる。 なぜなら失敗してもいいからです。
ところが実際のコースともなれば、これはたいへんな勇気が必妥になる。 最初はスライスのボールを打っていたが今はドロー系のボールを打つ。感覚のスイッチができ、スタンスも今は自然にとれるようになった しかし、簡単にそうできたわけではないのです。
それまでは目標の左狙いをする。スタンスも左。そしてインパクトも「かぶせる」イメージだった。 それを全部「右」にしていくのだからたいへんだ。真っすぐ向いただけなのに、とんでもなく右を向いているように見える。これで、アドレスでフェースをオープンにし、インパクトでもオープンの感覚にしようというのだ。練習場ではできてもコースでは至難の業だった。 こうして苦労している中で私はたいへんなことを発見した。インパクトの瞬間が見えていなければいけない、ということだ。 ほとんどのゴルファーにとって、スイングに入って振り抜いていく時に、ボールは。実在″していない。 アドレスした時にボールがあったから、ボールがあると思い込んで振っているだけで、実際には何も見ていない。せっかく持っている視覚という感覚をスイング中は使わずにいるのだ。 フェースとボールが接触する、インパクトの瞬間が見えなければいけないのだ。
ボールが「見えている」か「見えていない」かを、大きなポイントにしている。どんなにきれいなスイングをしていても、見えていない人は多い。私はそれがはっきりわかる。
そういう人の未来はあまり明るくない。夢中で振っているだけではボールはどこへいくかわかった。ものではないからだ。
クラブヘッドが走ってきて、ボールが。白い航跡”を残して出ていくさまを見てもらいたい。
 「見よう」とすれば、それだけでだんだんと見えてくる、どうしても見えないという人はダウンスィングの順序が違っている。下半身の動きにつれて動くべき上半身の動きが上半身から動いてしまう。すると右肩がかぶってスィング軸もなくなってしまうから、インパクトがいつまでたっても見えないのだ。
下半身の動きと、上半身の動きに「間」のない人にインパクトは見えてこない。いつもインパクトを見ようとしている人には、それが調子のバロメーターにもなる。
スィングが悪くなってくるとインパクトが見えなくなってくるのだ。こういう時は、必ずといってよいほど左サイドの下半身から動いてない。
「インパクトを見よう」と心がけるためには、左サイドの下半身の戻りを忘れてはいけないのだ



インパクトの瞬間を見ることを常に心がけるべきだと書いた。ボールにフェースが当たる瞬間を見極めよう。
そうすることで、まず打ち急ぎかなくなる。無我夢中で振り回していればインパクトが見えるはずかない。
見ようとすれば、自然と体に軸7作ることを覚えるし、「問」をこることが必要なこともわかってべる。
インパクトを見るという感覚がとぎ澄まされてくると、そこで石ひとつ大きな問題が持ち上がてくるのだ。

目標に向かって真っすぐなボールが打ちたい。みな同じだ。そのために練習をする。インパクトが見え始めると、ボールの球筋が、飛び出しの瞬間から見えてくるわけだが、そこでまたみんな大きな「璧」に突き当たることになる。
球筋を自分の目で実際に見てスイングを考えられるようになれば、だいぶレベルもアップしてきているのだが、「まっすぐ当てている」つもりなのに、スライス、ひっかけが直らない。これはどういうわけか 実際のところ、人問の目はインパクトの瞬間を完璧にとらえることはできない。 クラブヘッドが太い線となって走ってきて、ボールのある場所にくると、こんどはボールが。
白い航跡”を残して飛び出していく。それが見えるだけだ。その時に感党のズレが生じる。
飛球線後方から思った通りにクラブヘッドが走ってきた。そして、自分から見て、クラブは思った通りにボール下に当たって、目標ヘボールは飛び出したように見えた。が、ボールはスライス、あるいはひっかけになってしまう。
その原因はフェースでボールのどの位置をとらえようとしているかの感覚にある。 ボールの3時の位置をとらえようとする。ボールが飛んでいく真後ろをとらえようと考えるのは当然といえば当然かもしれないが、ゴルフスイングの絶対感覚の巾では、これはとんでもない勘違いなのだ。
では、ボールのどの位置を打とうとするのが正しい「インパクトの絶対感覚」であるのか。それには、ボールの4時半の位置を打つ感覚でスイングするのである。

ショットで目標の真後ろであるボールの3時の位置で はなく、4時半の位置を打っていくようにしてみた。それが効果てきめんだった。 インパクトの瞬間をよく見るように心がけながら、ボールの4時半の位置を打つ感覚でスイングする。これによって右手の使いが遅くなり、ひっかけボールに苦しむことはなくなった。