アイアンショットの初心者にありがちな、初歩的ミスをなくすには



 ダフリやトップなどの失敗はいわば、ケアレスミスによるもの。ちょっとしたことに気をつけるだけで未然に防ぐことができるのです。


力み防止

アイアンのミスの多くは力みによるものです。だからミス防止には力みを取り除くことが一番です。これの方法は、左手の中指、薬指、小指の3本の力を抜いてゆるくクラブを握ることです。それでは力が入らないと思う人がいるかもしれませんが、このほうが結果的には楽に振れるので、ヘッドスピードを上げることができるのです。力んでいるときは、だいたいこの3本指を握り締めていることが多いので、まずここをチェックしてみることをオススメします。誰にでもできる工夫なので、やってみる価値はあると思います。



力み防止

アイアンのミスの多くは力みによるものです。だからミス防止には力みを取り除くことが一番です。これの方法は、左手の中指、薬指、小指の3本の力を抜いてゆるくクラブを握ることです。それでは力が入らないと思う人がいるかもしれませんが、このほうが結果的には楽に振れるので、ヘッドスピードを上げることができるのです。力んでいるときは、だいたいこの3本指を握り締めていることが多いので、まずここをチェックしてみることをオススメします。誰にでもできる工夫なので、やってみる価値はあると思います。



目標確認の方法

せっかくアドレスで真っすぐ立てていても、目標確認の仕方が悪いと結果的にミスショットになってしまいます。これはもったいないことです。アマチュアの多くは、アドレス後に目標を確認する際、顔を上げてみるのですが、実はこれが間違いのもとなのです。そのように目標を見直すと身体の前傾角度が変わってしまって肩のラインが狂います。目線と地面とが水平になるため、真っすぐ立っているような錯覚に陥るとともに、肩のラインが開いたり閉じたりしてしまうのです。アドレス後に目標を確認するときは、前傾角度を変えないで顔の向きを少しだけ動かすようにしないとだめなのです。こうして初めて、構えたときの肩のラインをキープしたまま目標確認ができるのです。



ダフリ、トップの防止

ダフリ、トップというのはスイング中に身体が上下動しなければ起こらないでしょう。言い換えると身体を水平に回すことがそういったミスを無くすコツなのです。どうすれば身体を水平に回せるかというと、まず、テークバック。ここでは上体が伸び上がらないようにします。ただし、アドレスでは前傾姿勢をとってますから伸び上がったかどうかが分かりづらい。そこで、ポイントとなるのが左肩です。左肩が右ヒザの上にくるまで、左肩を右にスライドさせる感じで回転させていきます。意識的には上体を回しながら右肩を水平移動させる感じです。このとき、右ヒザにカベを作り、身体が右サイドにスライドしないように気をつけましょう。



ボールへの目線

アドレス時に自分の利き目でボールを凝視すると、初歩的なミスを未然に防ぐことができます。利き目で見ることの利点は自然体で構え、ボールを見られること。さらに、スムーズにテークバックすることもできます。ここで、気をつけなければならないことは、無理に頭を残さないこと。無理に残すと、右足への体重移動がスムーズにできなくなるからです。ボールを見つめるだけで、頭は最適な状態で残ってくれます。残すのではなく、残るものだと考えましょう。また、利き目で見ておけばボールを凝視したままインパクトできます。インパクト後はボールのあった地点を見続けないこと。身体がスムーズに回らず、きれいなフィニッシュがとれなくなってしまうからです。



ロングアイアンの打ち方

ロングアイアンを打つときには、インパクトゾーンを長くとる意識をもちます。ボールの2~3cm手前からヘッドを滑らせるように入れれば、インパクトでロフトが変わらないからです。どうすれば、インパクトゾーンが長くなるかといえば、まず利き目でボールの右側を見てアドレスします。ここで、ボールを真上から見てはいけません。そして、右から払い打つイメージを持ちます。あとはダウンスイングで頭をその場に残し、鋭角ではなく鈍角にヘッドを下ろします。こうすれば、2~3cm手前からヘッドがきれいに滑ります。さらに、コックを早めにほどくと、クラブを鈍角に下ろしやすくなるので、試してみて下さい。