アイアンショット基本で、ボールをしっかりつかまえるには? その1



アイアンショットの基本!ボールをしっかりつかまえる方法 その1



ボールをしっかり捕まえるのは、クラブヘッドがセオリーどおりにターンしていなければいけません。ここで、鍵を握っているのが手首の動きなのです。



正しい手首の動き


プロのスイングの連続写真を見ると、インパクト後に左手が返り、右手をかぶせているように見える。という話を聞きますが、これは結果的にそういう風に見えているだけで実際にプロに聞いても、スイングでは手首を使っていません。と言われるでしょう。つまり、写真で見ると手首を動かしているように見えても実際には動いているだけ。自ら手首を返したり、かぶせたりはしていないのです。この手首の動きが分からないと、アイアンでしっかりとボールを捕まえることは難しいでしょう。手首を使えば捕まるかもしれませんが、安定したショットは打てません。まずは、ショットで手首をコネない、ということをしっかりと心がけてください。



コックの方向


手首を使わないからといって、スイング中に手首が動かないというわけではないのです。手首のコックがなければスイングにならないのはみなさんもご存知のとおりです。問題はどの方向にコックするか、ということです。この動きを理解するには、腰の高さでグリップしてクラブのヘッドを上方向に向けてみてください。この時の手首の状態のままトップを作れれば完璧です。ダウンスイングでは、そのコックを徐々に解きます。つまり、タテに折れていた手首を元に戻すだけでいいのです。多くのアマチュアの人は、ここで手のひらや甲側への手首のヒネリが入り、ミスショットにつながってしまうのです。



トップでの手首の形


手首をヒネらないようにするには、トップで手首の形をチェックするといいでしょう。基本的には、アドレスしたときの左手首の角度が保たれたまま、トップまでいってれば正解です。ですから、必ずしも手首と手のこうが平らにはなりません。ここで注意しなければならないのが、トップの位置でアドレスのとき以上に折れてしまうことです。この場合は、甲側に折れても、手のひら側に折れてもいけません。インパクトでアドレスの形に戻ればいいと考えている人も多いと思いますが、それではいつまでたっても正確性が向上しません。言い換えれば手首を使ったスイングなのです。