ゴルフ打ちっぱなし練習場でのアイアンレッスン方法





 アイアンは本数が多いので、いつも全体にまんべんなく練習をこなしていては、とても時間が足りません。そこで、基本のアイアンとして6番アイアンをまず身に付けることをオススメします。このアイアンは長さ、ロフト角ともに中間に位置するクラブですので、このアイアンで基本的な構えや打ちかたを身につけ、その感覚を他のアイアンにまで広げていくのが効率的です。6番アイアンでのボールの位置は両足のほぼ中央です。  リストは左太モモの前で、スタンスの広さは肩幅です。体重配分は左右均等ですが、全体の姿勢はボール1個分だけハンドファーストにして構えます。アイアンの基本は、ボールの左側の芝を削り取る打ち方にあります。やや上からの下降軌道でボールをとらえます。そうすると、スピンがきいてボールが上がっていくのです。ハンドファーストの姿勢を取れば、意識的に上から叩かなくても自然にダウンブローの軌道になってダフりません。軌道はスイングでつくるよりも最初の構えの段階でつくっておけばいいのです。


バランス良く振り切る

 スイングはバランスです。身体が揺れないように振る。とくにダウンの初期動作の切り返しでは左足を太モモの幅だけ左に踏み込んで、まず下半身の準備態勢を整える。間違っても手から振り下ろしていかない。土台ができる前に上体を動かしたら、完全なバランスは保てない。


練習のポイントは?


 ボールを上げようと意識すると、右足体重の構えになってしまい、ダウンブローの軌道でとらえられない。  目標に対してフェースを直角に合わせてボール位置は両足の真ん中、リストはあごの下だが、全体の姿勢はボールよりもリストがわずかに出たハンドファーストとなる。


練習のポイントは?


 ボールを上げようと意識すると、右足体重の構えになってしまい、ダウンブローの軌道でとらえられない。  目標に対してフェースを直角に合わせてボール位置は両足の真ん中、リストはあごの下だが、全体の姿勢はボールよりもリストがわずかに出たハンドファーストとなる。


 ドライバーとアイアンではスイングは一緒としても、ボールのとらえ方が違います。ドライバーはややアッパーの軌道ですが、アイアンではダウンブローです。地面に横たわるボールを上げるには、フェースがボールに当たってからその左側の芝を削っていく軌道が正しいのです。もし、ボールの手前から入ると芝をかんでしまい、望んだ距離が得られません。アイアンではドライバーのボールの位置より中に入れます。リストをあごの真下に置けば、ヘッドよりリストのほうが前になったハンドファーストの姿勢が取れます。この姿勢がボールのクリーンに当たり、左側の芝を取る正しい打ち方となるのです。はたしてダウンブローにとらえているかどうか。まずそれをマットの上で試してみます。初めはマットの左側いっぱいの位置にボールを置いて打ちます。この方法だと、ボールの左側は空間なので、ヘッドの抜けが良くなります。スパッとヘッドが無抵抗に抜けていくだけに、打ちやすい状況といえます。問題は次の段階です。今度はボールをマットの右端いっぱいのところに置いて打つのです。少しでも手前からヘッドが入ったり、すくい上げる軌道になると、ヘッドがマットに当たって振り抜けません。このライからスムーズに打てるようなら、アイアンのダウンブローは完全にマスターできているといえます。慣れない間は、マットを叩いて手首を傷める恐れがあるので、フルスイングはせず、軽く打ってみることです。


アイアンの確実性を増すためには


 我流式の打ち方の典型はすくい打ちです。地面にあるボールを上げようと意識して、インパクトで両ひじが曲がり、モノを持ち上げる姿勢になります。このような打ち方では、ライの良くない場合には対処できません。なぜならボールの手前を噛んだ打ち方をしているからです。練習ではつねにいい状態からばかりではなく、ときには条件の良くないライから打っておくのも大切です。マットにはティを通す穴があります。この穴の中にボールを置いて打ってみます。マットの上よりわずかに沈んだライとなりますが、それだけに下からヘッドが入る打ち方ではトップしてしまいます。きちんと上からの下降軌道で、マットよりもボールに先に当たらないと、ボールは上がらないのです。こうした悪いライからでは、あまり意識過剰ならずに、いつもより気持ちボールを中に入れて置いて打ちます。意識過剰になると余分な力が加わって、スイングやリズムを壊します。これくらいのライからでも難なく打てるようになったら、アイアンでのボールのとらえ方は完璧に近くなったといえるでしょう。


 1打ずつ集中して打つことも大事なことですが、逆に力みすぎからくる余分な動きを削って、リズム感を得るためには連続して打つことが役に立ちます。マットの上に、手前から縦にボールを何個か並べます。これらのボールを手前から順に打っていくのです。
 初めの1発目にはアドレスしますが、次からは構えずに連続の動作で、次々に打っていきます。打ったら、クラブを右に引き戻して、身体を前に進め、前のボールに近づいて、再び打ちます。この繰り返しのショットを行って全てのボールを打ちます。途中でミスしてもそこで止めないでどんどん前進していき、全てのボールを打ち終えるようにします。
 この練習は、トップが大きくできないので、オーバースイングを防ぐことができるのです。連続して打つので、リズムが生まれてくるというメリットもあります。慣れてくれば個々のボールを連続してスライス、ストレート、フックと打ち分けていくことも可能になるでしょう。

方向性のいいフェード球を打ちたい


 片方の足だけに体重を乗せて打つと、フック、スライスの球筋が自由に打ち分けられます。左足を後ろに引き、つま先で支えるようにして右足中心に立つように構えます。体重は完全に右足1本にかけた立ち方です。この構えでボールを打ちます。注意点としては、手首を返さないことです。特に左腕はフォローで、まっすぐ伸ばすようにして打ちます。
リストターンはしないのです。また、体重の移動も行いません。もっとも、左足を後ろに引いている関係から、左足に体重を乗せていくことができないので体重移動を押えた打ち方をしているといえます。そこで、右足で立ったまま振りぬいていきます。そうすると、球筋はフェードもしくはスライスになります。体重を後ろに残したまま、左腕を伸ばしてフェースを返さなければ、ボールは右に飛んでいく球筋になるのです。
 理論的に球筋を考えるよりも、時には構えをかえるだけで球筋を変化させてみるのも技術の体得に役立ちます。フックで悩む場合には右足1本で打ってみます。そうすると深く考えることなく直すことができるのです。この方法では、どうしてもダフって当たらないという場合にはティアップしてやさしく打ってみましょう。


クラブの動く方向を修正したい


 球筋を決めるのはフェースの向きと軌道です。軌道だけをとらえるとアウトサイドインであれば、カット打ちになり、スライスします。反対に、インサイドアウトであればフックになります。この原理を理解したうえで軌道作りや軌道の修正を行いましょう。
スライスを直したければアウトサイドインの軌道上に、斜め横にボールを3個並べます。真ん中が実際に打つボールです。この状態で右後ろと左手前に置いた外側2個のボールにヘッドが触れないようにして打ちます。これでうまく当てれば、軌道はアウトサイドインにはなっていないのです。逆にフックで悩んでいる方は、インサイドアウトのライン上にボールを3個並べます。そして、真ん中のボールを打ちます。いつものように中から外へ振っていくと、必ず左右に置いたどちらかのボールに、ヘッドが触れてしまいます。なので、外側2個のボールを避けた軌道で打ちます。そうなると、インサイドアウトの軌道ではなくなり、球筋はフェード系となっていくのです。

パンチショットの打ち方


 ボールが低く飛び出して止まるのが、パンチショットです。フェース下部でボールをとらえるので、いつもより球筋は低くてもスピン量が多くなって止まるのです。フルショットと比較して、スイング弧を押えたコントロールショットといえるでしょう。グリーンが硬い状況とか、風の強い日にはとても有効な球筋なので、実戦的な球といえます。
 また、方向性もいいのでこの打ち方を駆使するプロもいます。このパンチショットの打ち方はいつもより手首を使います。トップから手首を柔らかく使い、コックを効かせます。
そのために上からフェースをかぶせるようなインパクトを迎えますが、そのまま振り抜き、上体の力でクラブを低く押えたフィニッシュを取ります。フォローでボールをフェースに乗せていくよりも、いつもより立てたフェースをボールに強く当てるだけで終わる打ち方になるから、パンチショットと呼ばれるのです。手首を使うのがうまい人にとっては比較的優しいコントロールショットです。