アイアンショットをコントロールするには



アイアンショットをコントロールするには?



 アイアンのコントロールショットをマスターすれば、風やアップダウンのあるライなどのさまざまな状況でも自信を持って立ち向かうことができます。



アイアンショットの調子が狂ったら


 フェースが開いた状態とは、アドレスで目標を向いていたクラブフェースがバックスイングで正面を向くということです。閉じた状態というのは、フェースがフォローで背後を向くということ。スイング中に「開いて、閉じる」というフェースローテーションのできる人は、上手にボールをつかまえられる。このローテーションは、アドレスの状態から手首を使わずに行います。上半身を右にねじればフェースは開き、左にねじれば閉じます。多くの人はこれを手首を使ってやってしまうのです。だからバックスイングでフェースが上を向き、フォローで下を向いてしまうのです。正しいローテーションを覚えるには背筋を伸ばして立ち、両脇を開けずに上半身だけを左右に回してみることです。



アイアンコントロールが悪くなったら


扱いにくいロングアイアンの代わりに登場してきたのがユーティリティクラブです。ヘ ッドがロングアイアンよりも大きく、見た目にも安定感のあるクラブです。肉厚があるの で、アイアンよりも構造的に重心の位置をヘッドの後ろ側で下のほうに寄せることができ 、それがボールを上げやすくしているのです。トリッキーなホールで、確実なティショッ トをしたいときには有効な武器となります。こうした特色を持ったクラブの場合には、な んといってもその性能を発揮させることが、大事なポイントです。特別な打ち方をしない で、芝の上を払うように素直に振りぬいてあげます。クラブを信頼して打ってください。 それだけで十分効果が出てきます。自分で飛ばそうとすると、色々なところに余計な力が 入ります。腕に力が入りますと、ダウンで右肩、右腕、右ひざが前に出て、インパクトで 詰まる打ち方になってしまいます。腕の力に頼って飛ばすクラブではないのです。ダウン で腕に力が加わる急激なダウンブローになってインパクトで詰まるか、テンプラが出やす くなります。両腕はブラブラの状態になるほどリラックスさせて、ダウンスイングすれば 、うまく打てるのです。

アイアンコントロールショット


 グリーンを狙うショットでヒッカケが出るというのは良く聞く話です。大事なところでひっかけるとショックも大きいです。こういったミスを防いでコントロールを高めるにはひっかかりにくいクラブを使うのが一番簡単で確実な方法だと思います。それには、番手を1番手上げてコンパクトにスイングしてみましょう。例えば残り150ヤードだったら通常は8番ですが、あえて7番を使う。インパクトを緩めてはいけないので、グリップを短く握って振り幅を小さくするのです。トップの位置はフルスイングの4分の3くらいです。インパクトの強さで調節しないように打つのがポイントになります。150ヤード以下では有効な方法ではないでしょうか。



アップヒルからのアイアンショット


 アップヒル(左足上がり)のライから打つ場合に気をつけることは、まず番手の選択です。目標までの距離がどれくらいあるのか、また、傾斜の程度がどれくらいなのかによって変わりますが、ロフトが大きくなるぶん、大き目のクラブを持つ必要があります。長いクラブを持ってそのまま構えても打ちづらいので、適当にグリップを短く持ちましょう。 傾斜にもよりますが、3センチほど短く持ちショートスイングを心がけるのです。構えたときに、目線をフラット気味にすることも大切です。アップヒルだからといって上を見すぎるとボールが上がり過ぎてしまいます。ショートスイングでしっかりインパクトしましょう。



ダウンヒルからのショット


 アップヒルに比べてダウンヒル(左足下がり)は打ちやすいと思います。なぜなら、スイングはほとんど変えず、セッティングだけで打てるからです。アマチュアの人は、ライを意識しすぎて失敗するケースがほとんどです。アドレスがダウンヒル用になっていれば、それほど難しくはないのです。どう構えるかというと、まずボール位置を右足内側の延長線上にします。インパクトでボールを捕まえやすくするためです。次に体重を左足に乗せます。スイング中に体重移動はしません。あとは斜面に沿って振るだけです。左下がりになってますので、フォローはかなり低く出ます。バックスイングで身体が起き上がらないようにしましょう。