アイアンで安定した飛距離を打てるようになるコツ





テークバック


  アイアンで安定した飛距離を身に付けるには、スイングの軌道を一定にしなければなりません。そのために不可欠なのはトップでの深い捻転です。トップが浅いとダウンスイングで左側が勝手に動くようになり、左ヒジが引けたり、左ワキが甘くなったりして、クラブの軌道がマチマチになってしまいます。では、どうすれば、深い捻転が得られるか?それは、左肩からテークバックしていくことです。左リードというと、どうしても左胸を意識します。しかし、左肩に意識がいけば、左ワキを締めた状態で、テークバックできます。この締めた状態をキープしたままバックスイング、トップ、ダウンスイングと進んでいけば、スイング中における手の通り道は一定になり、インパクトでもワキが開きません。



バックスイング


  番手に忠実な飛距離を得るには、スイングの際のウェイトシフトも大切な要素です。今回は2軸での考え方です。2軸とは、下半身に2つ軸があると考えてください。バックスイングでは右足、ダウンスイング以降は左足を軸にして身体を回転させていると考え、実際にそのように動かします。そのとき、両足の内側で体重を感じることがスムーズなウェイトシフトのコツです。ここで重要なのが、ダウンスイングで左ひざが割れない(流れない)ようにすることです。ヒザと太モモでしっかり体重を支えるのです。アドレスしたときの段階で、両ヒザを軽く曲げ、ヒザにゆとりをもたせた状態をつくっておきましょう。



ダウンスイング


  右足の蹴りを使ってスイングすると身体全体の回転力が増して自分の最大飛距離がわかります。感覚的には右足を使うことで身体の右サイドでボールを押すというイメージです。 右足の使い方のコツは、右のヒザ頭を左へ回しこむように地面を蹴り上げていくことです。 右ヒザが左ヒザに近づくように蹴るのです。フィニッシュで右足の裏が地面と垂直になり、右足のツマ先で立てれば正しい使い方ができているといえます。右足を蹴ろうとして、右ヒザがボール方向へ折れてしまう形になってはいけません。ヒザが前に出ると右サイドが突っ込んでしまって身体の回転を妨げてしまうからです。



利き腕を生かそう


  利き腕が右で、右手が左手よりパワーがあるという人は多いはずです。それならば、その右手の力を使わない手はありません。ただし、右手というのは使い方を間違えると大曲を生む危険性があります。切り返しで力が入って右肩がかぶったり、手首が返りすぎてヒッカケが出るというのは、その典型です。こうならないためには、ダウンスイングで右手が腰の高さあたりに来たところで力を入れ始め、フォローで最大のパワーが出るようにすることです。といっても、ダウンスイングの途中でそのパワーをコントロールするのは難しいです。感覚的には右手1本で大きなフォローを作るイメージでクラブを振るといいと思います。



フォローで最大のパワーを出す


  多くのアマチュアはインパクトでボールを叩くというイメージが先行する傾向にあります。でもこれだとインパクトですべてが終わってしまいますよね。ボールに最大のパワーが伝わっているように思えますが、実際はまったく逆です。つまり、切り返しのタイミングから右手を使っているので、インパクトでのパワーはロスしてしまいます。この傾向をなくすには、右手が左腰の高さにきたときに最大のパワーを出すように意識するといいでしょう。こうすれば、インパクトの意識を消すことができて、フォローで最大のパワーを出すことができるのです。スイングの途中でボールを打つという理想的な形になります。



左サイドのカベ


ダウンスイングでのウェイトの受け止め方と、右手の使い方はお分かりいただけたと思いますが、それに加えて左足の動きにも注意を払うとよりよいボールが打てます。それはインパクトゾーンでの左足の動きです。ダウンスイングで、ヒザと太モモで体重を支えたときに、左足がめくれ上がってしまわないようにすることなのです。左足がめくれ上がってしまうと、身体の左サイドが早く開いてしまいます。逆にそれを我慢すれば左サイドのカベがしっかりできてボールにパワーを伝えられるのです。インパクトゾーンでは、左足で地面をつかみながら左足内側で踏ん張るようにする。そうすれば、右サイドから移動してきた体重を受け止められます。