ショートアイアン・ユーティリティの練習その1




ショートアイアン・ユーティリティの練習


 シャフトが短い分だけやさしく感じられるのが、ショートアイアンです。しかし、ロフトがあるので、左にいきやすく、ボールの手前を噛みやすいという傾向も持ち合わせています。とはいえ、この手のアイアンの距離なら、なんとか目標をとらえたいものです。
 ショートアイアンを練習するときの注意点は、スイングが速く、しかも小さくならないようにすることです。感覚としては、ヘッドの重みを手に感じなから振っていくのがベストです。ちなみに構造的に見るとウェッジのヘッドが一番重くなっています。ゆっくり振っても距離はいくのですから、スピードを自分で上げようとしない。といっても小さく振っては、距離は出ません。むしろ、腕を伸ばしてゆったりと大きく振るほうが、安定した距離が得られます。
ショートアイアンでミスするのはダウンでミスするのは、ダウンで右足のかかとが早く上がった場合です。右足かかとが上がり、右ひざが中にくると、軸がひだりにずれ、微妙にインパクトを狂わせます。下半身のズレが、インパクトの緩みを呼ぶのです。ダウンで右足のかかとは上げないで、右足の内側部分を下に(地面に)押し付けるようにすれば、スイングの緩みが防げます。



ユーティリティはどう打つのか


 扱いにくいロングアイアンの代わりに登場してきたのがユーティリティクラブです。ヘッドがロングアイアンよりも大きく、見た目にも安定感のあるクラブです。肉厚があるので、アイアンよりも構造的に重心の位置をヘッドの後ろ側で下のほうに寄せることができ、それがボールを上げやすくしているのです。
トリッキーなホールで、確実なティショットをしたいときには有効な武器となります。こうした特色を持ったクラブの場合には、なんといってもその性能を発揮させることが、大事なポイントです。
特別な打ち方をしないで、芝の上を払うように素直に振りぬいてあげます。クラブを信頼して打ってください。それだけで十分効果が出てきます。自分で飛ばそうとすると、色々なところに余計な力が入ります。腕に力が入りますと、ダウンで右肩、右腕、右ひざが前に出て、インパクトで詰まる打ち方になってしまいます。

腕の力に頼って飛ばすクラブではないのです。ダウンで腕に力が加わる急激なダウンブローになってインパクトで詰まるか、テンプラが出やすくなります。両腕はブラブラの状態になるほどリラックスさせて、ダウンスイングすれば、うまく打てるのです。