アイアンで強い弾道の伸びるショットを打つコツ



身体の軸を固定して、上下動•ブレをなくす


 アイアンのミスショットの代表といえばダフりとトップですよね。この恐怖があるうちはボールを強くヒットできないので、強い弾道を得ることができません。特にダフりはフェース面の角度も変わるので、距離感、方向性ともに狂って最悪の結果を招きます。これらのミスの原因はスイング中の身体の上下動です。これをなくすには、ボールと目の距離を変えないようにスイングしてみましょう。そうすれば、上体が突っ込んだり、起き上がったりというミスは少なくなり、アドレス=インパクトの理想の形に近づくのではないでしょうか。飛ばす必要のないアイアンショットですが、インパクトを加減してはいけません。これを実現する第一歩が上下動を無くすことなのです。



 スイング中の上下動を押える方法がもうひとつあります。それは、おでこの位置に注意することで、正確なスイングができるようになります。ボールとの距離を変えないようにする場合は、どこに集中してスイングするかがつかみにくいかもしれませんが、おでこの位置を変えないように意識すると、おでこに集中できるのでスイングがスムーズになります。 具体的には、おでこに集中、アドレス、トップ、インパクトまでボールから目を離さないようにボールをヒットする。ただし、ボールを見るのはインパクトまで。フィニッシュ近くまでボールを見続けると、スイングが詰まり、窮屈になってしまうので気をつけましょう。



クリーンヒット


 アイアンショットで強い弾道のボールを得るには、なるべくクリーンにボールをとらえなければいけません。その1つの方法が、ボールを横から払うイメージで打つというものです。この打ち方は、スイング中の上下動を防ぐ上でも効果的なのです。例えば、ティアップしてティをとばさないように打つ。こう心がけることで払うように打つことができる。練習で取り入れてみてもいいでしょう。自然に身体の上下動を押えることができます。
 払い打つことでターフが薄く長く取れるようになりますが、ボールの先のターフが取れているようならOKです。強い弾道のボールが出ているはずです。



クリーンヒット


 アイアンショットで強い弾道のボールを得るには、なるべくクリーンにボールをとらえなければいけません。その1つの方法が、ボールを横から払うイメージで打つというものです。この打ち方は、スイング中の上下動を防ぐ上でも効果的なのです。例えば、ティアップしてティをとばさないように打つ。こう心がけることで払うように打つことができる。練習で取り入れてみてもいいでしょう。自然に身体の上下動を押えることができます。
 払い打つことでターフが薄く長く取れるようになりますが、ボールの先のターフが取れているようならOKです。強い弾道のボールが出ているはずです。



クリーンヒット


 アイアンショットで強い弾道のボールを得るには、なるべくクリーンにボールをとらえなければいけません。その1つの方法が、ボールを横から払うイメージで打つというものです。この打ち方は、スイング中の上下動を防ぐ上でも効果的なのです。例えば、ティアップしてティをとばさないように打つ。こう心がけることで払うように打つことができる。練習で取り入れてみてもいいでしょう。自然に身体の上下動を押えることができます。
 払い打つことでターフが薄く長く取れるようになりますが、ボールの先のターフが取れているようならOKです。強い弾道のボールが出ているはずです。



クリーンヒット


 アイアンショットで強い弾道のボールを得るには、なるべくクリーンにボールをとらえなければいけません。その1つの方法が、ボールを横から払うイメージで打つというものです。この打ち方は、スイング中の上下動を防ぐ上でも効果的なのです。例えば、ティアップしてティをとばさないように打つ。こう心がけることで払うように打つことができる。練習で取り入れてみてもいいでしょう。自然に身体の上下動を押えることができます。
 払い打つことでターフが薄く長く取れるようになりますが、ボールの先のターフが取れているようならOKです。強い弾道のボールが出ているはずです。