ショートアイアンの打ち方と打つコツ知識



 

アイアンショットの正確性


 ショートアイアンで正確性を増すことは、全てのアイアンのコントロールを良くすることに通じます。そのためには、正しい構えをつくらないといけません。構える上で気をつけてほしいのが両脇です。よく、脇が締まった状態を作る、といいますが、この状態を正しく理解していない人が多いようです。脇を締めるとは、上腕部の内側を身体に密着させることではありません。胸を張って直立し張った胸の上に左右両方の上腕部を軽く乗せるイメージで両腕を構えるのです。こうすれば両ヒジは身体につかず、脇だけが締まった状態になります。この状態をキープしたままグリップを作るのです。全てはここから始まるのです。



飛距離の把握


 次にやることは、脇を締めたままでスイングできる範囲を知っておくことです。つまり、脇を締めた状態が崩れないようにスイングするわけです。なぜこうするのかといえば、脇がしまったままバックスイングできれば、スイングプレーンを外れることがないからです。
フルスイングする場合には,バックスイングの後半からトップの段階で多少スイングプレーンから外れることはありますが、ショートアイアンでは距離を求めないのでスイングプレーンから外す必要がないのです。言い換えると、スイングプレーンから外れない範囲で打った場合の飛距離を把握しておくことが必要です。



スイングを一定に


 フルスイングが難しいのは、一度プレーン上を逸れたヘッドを元に戻せないからです。
しかし、脇が開かなければ振り幅はいつも一定になります。このようなスイングができればスライスもフックも出ません。いわゆる「手打ち」になることがないからです。このときに注意したいのが、トップで左手首の角度が変わらないようにすることです。左手首の角度はアドレスの状態をキープしておくことが基本です。
手首でトップを深くしても意味はありません



打ち急ぎをなくす


 言うまでもなく、脇を締めたままトップを作れば、トップの位置は低くなります。スイングがコンパクトになるわけです。しかし、ここから後のダウンスイングの段階で腕が先行してはいけません。せっかくいい状態で身体が回っているのにタイミングがズレて脇が開いてしまうからです。ダウンスイングの状態で脇が開くと左ヒザが打っていく方向に流れてしまい左のカベが崩れます。こうならないためには、ダウンスイングで身体を主体に回してくることです。
具体的に言うと、いつものダウンスイングよりやや遅めのテンポでクラブを振り下ろしてくる感じになると思います。打ち急いではいけないということです。
ダウンスイングでゆっくりと身体を回してくることが大事なのです。



正確なインパクト


 スイングの仕方が分かったとこで、実際に打ってみましょう。自分の中ではハーフスイングというイメージですが、脇を締めていれば手打ちにはなりませんので、インパクトはしっかりとしたものになるでしょう。
結果的にはトップで左腕が地面と平行よりやや上で、フィニッシュでは右腕が地面と平行になるくらいの振り幅となるわけです。
しかし、大切なのは身体の動きです。脇を締めることで身体とクラブの位置関係が崩れない。ここが重要なポイントなのです。これはインパクト後の過程でもいえることで、フォローからフィニッシュにかけては左脇が開かないようにします。くるっと身体を回せればきっとうまくいくでしょう。



身体の軸がぶれない、スムーズなボディターン


 繰り返しになりますが、ショートアイアンはフルスイングするクラブではありません。 目いっぱい振ったところでそんなに飛距離が変わるものではないのです。しかし、だからといって手先でスイングするのはもっとダメです。7~8割の力で打つときほど体の回転を重視するべきだと思います。アドレスしたらボールを意識するのではなく、身体をスムーズに回すことを考えましょう。このとき、身体とボールの距離を一定にキープしてスイングすることが大切です。
特に気をつけたいのが、トップで上体を起こさないで、ダウンスイングでは右肩をボールに近づけないことです。脇の締まりを意識して、構えたところでくるっと回れば、うまく打てると思います。