シャンクを克服しよう





 シャンクは出だすととまらない傾向にあります。ウッドクラブならば、ヒールショットとなり、距離の出ないスライスとなってしまうが、とりあえずは前には飛ぶ。しかし、アイアンでのシャンクは重要場面でのOBや池ポチャにつながって、グリーン周りでは腹立だしいというよりはもうあきれてしまいますよね。連鎖ミスの代表のようにいわれるシャンクではありますが、その原因を知り、その対処法さえ間違えなければそれほど怖い症状ではないのです。問題はシャンクそのものより、シャンクを恐れるあまり、スイングが手打ちになってしまうことです。こっちのほうがよっぽど重症でしょう。
シャンクしたら、その次の1打こそ、思い切り、体とヘッドを左へターンすることです。この思い切りがシャンクの連鎖を断ち切ってくれるでしょう。思い切りが悪いということは恐がりながら打つので手打ちになりやすく、ヘッド合わせのインパクトになってしまいます。ヘッドを手で合わせにいけば、腕もヘッドもさらに体から遠ざかります。ヘッドの勢いが落ちればザックリもしますし、左腕がビビって縮めばトップになってしまう。もうゴルフにはならないでしょう。なので、思い切るしかないのです。中途半端に上手く打とうとしても結果は裏目に出てしまうものです。

 シャンクの根本的な原因は、ダフリ、トップがスイング弧の歪みなのに対して、シャンクは軌道そのものが外れてしまうことです。ヘッドが体から離れた軌道でインパクトゾーンを迎えるために、根元で打ってしまうのです。ダフリとシャンクは、ダウンスイングで右肩、右腕、右ひざが一斉に前方に飛び出てしまい、ヘッドが体から離れた軌道を通ってしまうのです。根本的なシャンクの矯正は体重の位置と移動で行います。用意するのはウェッジとボール3個です。1個は打球として、残りは左右の足の土踏まずと親指の間ぐらいに置いて踏みつけます。そしてこの態勢で打ってください。このショットではカカト体重で打っているため、シャンクしないはずです。シャンクは、カカトからツマ先への過度な体重移動で起こるミスなのです。

 練習場で試してください。カカト体重のまま、右カカトから左カカトへの体重移動。この感覚を体に取り込めればもうシャンクを恐れることはないでしょう。