パワー作りのトレーニング






飛ばすためにはパワーは必要です。そしてパワーをスピードに変え、ヘッドからボールに伝えることで飛距離はのびます。
ならば、基礎となるパワーはあるに越したことはありませんよね。そこで飛ばすための筋力アップトレーニングです。筋トレと聞けばつらく激しい運動なのではと思いますが、誰でもできて、どこでもできるものですのでやってみましょう。まず、クラブを左右の手に1本ずつ持ちます。これを体の正面に掲げて上下に大きくストロークします。右を上げたときは左は下がり、右を下げる勢いを使って左を上げる。

イチ、ニー、イチ、ニー。この繰り返しです。これだけで飛ばすのに必要な筋肉が鍛えれます。体全体を鍛えたいのならトレーニングジムへ行ったほうが良いが、時間もお金もかけたくないのであればこれを実践してください。スイングに必要な部位だけは鍛えることができます。まず胸の前に伸ばして左右20セット、次に下に向けて左右20セット、最後に上に掲げて20セット。これで鍛えられると同時に肩の動きも柔軟となり稼動範囲が広げられます。
1本ではつらい動きでも左右交互に上下させるので楽だと思います。これは体の左右のバランスが取れるからです。バランスが取れてこそ力を効率的に生かすことができるです。そしてゴルフスイングにはリズムも大切です。リズミカルではないスイングでは、軌道、動きが正しくてもタイミングがズレてしまうでしょう。なのでトレーニングのときはイチ、ニ-、イチ、ニーと声を出してリズミカルに行いましょう。まだ余力がある人は上体を90度捻転して再度やってみてください。
このトレーニングを曜日、時間などを決めて定期的に行えば、確実に飛距離は伸びるでしょう。