シングル練習場を卒業するコツと攻略方法



練習場ではそこそこの当たりを運発させていても、いざ、コースに出るとミスショットばかりという人は多いはず。 その原因のほとんどは「打ち急ぎ」です。
 コースに出れば1打―打、その景色や見た目は当然違ってくる。よーし、飛ばしてやろう」「ここは何とかグリーンに乗せたい」な」と力んだりして欲も絡んでくるとなると、ついつい自分の夕イミングが狂わされ、「打ち急ぎ」となってしまうのだ。それでは「打ち急ぎ」とは何一般アマチユアゴルファーは、ただ単にスイングが速くなってしまことと考える。しかし、もう少突き詰めてみよう。なぜ速くなってしまうのかを?それは「体が十分に回り切らないうちに、手元がトップの位置に上がってしまう」からなのだ。
つまり「打ち急ぎ」とは、バックスイングからトップにかけて上半身がしっかり回っていないのに、手元だけはクラブを下ろせる体勢にあり、実際に下ろしてしまうことから起きる現象なのだ。
私たちは手元を高い位置に上げて左肩がアゴの下に入れば……、それで肩が十分に回ったトップができると思っている。
手元を高い位置に上げる″ことは確かに間違いではない。
しかしこの順序が狂ってしまうと(後で説明をする)、手元はアウトサイドの高い位置に上がるだけでクラブをインサイドから下ろすことを難しくしてしまう。
左肩は、深く大きく動かし、手元をイッサイドの高い位置に上げる。「打ち急ぎ」を防ぐには、ダウンスイングからではなく、バックスイングからの注意が必要なのである。
もう少し「打ち急ぎ」が起きる原因について考えてみよう。
ゴルフのスイングというのは、トップの形を作るバックスイングとフィニッシュまで振り切るダウンスイングから成り立つ。
しかしヘッドの動きを見ると、バックスイングでのヘッドの動きは、ほぽ半円を描くのに対し、ダウンスイングは1つの円になる。
正式には、描かれてるのはだ円となるが、いずれにせよ、バックスイッグはダウンスイングのほぽ半分の運動量であると言える。
この半分の動作が「打ち急ぎ」を引き起こすことになるです。v 「クラブを上げる速さと下ろす速さを同じくらいにしろ」というアドバイスを耳にする。その意見に反対はしないが、それを実行するには、体の運動量をバックスイングとダウンスイングで、同じくらいにする必要がある。
つまり、バックスイングが半分の運動量だから、「バックスイングはダウンスイングの倍の時間をかける」のだ。この絶対感覚を身につけることが、ミスの大敵「打ち急ぎ」を防ぐことになる。
私自身、以前はバックスイングで「体を止めておいてクラブヘッドから先に動かす」「左肩はボールに近づけるように入れていく」といったことを絶対感覚としていた。しかし、年を重ねるごとに体の柔軟性も衰え、肩や腰といったところも痛めてきた。体を白分の思うように動かしたり、回せなくなってきたのだ。そのような私が、「打ち急ぎを防ぐためのバックスイングはどうあるべきかと考え、実戦し、に果を得たことなのである。