パター選びもアドレスが大事





 パッティングで重要なのは、距離感と方向性です。カップに向かうラインが合っていても、距離が合わなければ入りません。つまり、自分に合ったパターを選ぶというのは、練習グリーンではなく、実際のラウンドでのパッティンググリーンで狙った方向に、しかも意図した距離が打てるパターを探すということになります。ただ、ドライバーのようにボールが右方向に飛ぶならボールのつかまりのいいものを選ぶ、というような明確なアドバイスができないのがパター選びです。ヘッド形状やシャフトの位置、打った感触が硬いか軟らかいなど、といったことで性能やフィーリングは変わりますが、どのような性能が必要なのかは使う人によって違うため、残念ながら自分に合うパターは自分で探し出すしかありません。ただし、ヘッド形状からくる特徴の違いやクラブの重さの違いによるストロークとの相性や打ったときのフィーリングや距離感の違いがあるので、色々試してみるとよいでしょう。パター選びで明確なアドバイスがあるとしたら、設計者の意図した構え方と自分のアドレスがピッタリと合うモデルを見つけることです。パターに限らず、クラブを設計するときはどのようなゴルファーが使うと性能が発揮できるクラブになるかを考えます。パターの場合、設計するときに想定した仮想ゴルファーとあなたの構え方が一致することがラインに対してスクエアに構えられ、かつ狙ったところへボールを転がせるパターを探す第一条件になります。ポイントはアドレスでの手の位置です。
 パターには、それぞれのモデルによってフェース面がホールに対してスクエアに向く条件が違います。例えば、シャフトが地面に対して真っすぐ上になるように構えたときにフェース面がターゲットに対してスクエアに向くものや、手を前方方向に出してハンドファーストに構えたときにスクエアに向くもの、それとは逆にボールを左足寄りに置いて手が遅れるような格好で構えたときスクエアに向くものなど、設計によって最適な手のポジションが違ってくるのです。つまり、パターの設計と自分の手のポジションが同じでないと、アドレスしたときにターゲットに対してフェースがかぶったり開いたりするため、意図した方向へ打ち出すのが難しくなってしまうのです。パターにはこうした特徴もあることを頭に入れてから、いつもの自分の構え方でフェースの向きがスクエアになるモデルを選択するといいでしょう。