パッティングストロークとパターの相性





 大きく分けて、パターの形状はL字型、ピンのアンサーをベースにしたトウ・ヒールタイプ、ソールの幅が広いマレット型と呼ばれるものがあります。最近では、マレットが大型化して複雑な形になったネオマレットと呼ばれているものも増えています。そして、ヘッドの形状だけでなくシャフトがヘッドのヒール側についているものや、ヘッドのセンターに向かってついているものなどといった違いもあります。ヘッドの形状やシャフトの取り付け位置によって、大きく変わるのはストロークとの相性です。L字型というのは、アイアンヘッドの延長線上にある形状で、文字通りヘッドのヒール側にシャフトが付いたタイプです。パターとしては一番古くからある形状で、シャフトがヒール側から立ち上がっているため、アイアン側と同じようにフェースを開きながらバックスイングを上げて、インパクトに向けて閉じるようにして打つ、インサイドアウトのスイング軌道でフックボールを打つドローボールヒッターと相性のいい形状です。

 アンサータイプはヘッドのトゥ側とヒール側に重量を配置し、発売当時はミスヒットでもヘッドがブレにくい、ヘッドの慣性モーメントを大きくする工夫が施されたパターといわれましたが、実際はL字型と比べて劇的にヘッド慣性モーメントが大きくなってはいません。L字型ほどではありませんがアンサータイプもシャフトの位置がややヒール寄りになっているため、フェースを多少開閉するようなストロークで打つストロークに適したタイプです。また、重心深度の深いマレット型に比べ、どちらかといえばインパクトでパチンとヒットするタップ式のストロークをしたい人に向いているでしょう。以上の2タイプは比較的振り幅の小さいショートストロークでタッチを出したい人が使いやすいパターといえるでしょう。それに比べ、マレットやネオマレットと呼ばれるタイプはヘッドの横幅が広いため、重心深度が深いので、フォローが出しやすいという特徴があります。そのため、タップ式でヒットしてタッチで距離感を出すというより、肩でストロークしてヘッドを直線的なイメージで振りたい、振り幅の大きさで距離感を作りたい人と相性がよく、真っすぐ引いて、真っすぐ打つようなイメージでストロークしたい人に向いています。
 パター選びで大切なのは、自分の構えに合ったモデルで、どのようなパッティングスタイルなのかです。そのことををよく考えて決めましょう。