パットで確実にカップインする方法はあるのだろうか?





「パットがどうしてもうまくならない」や「相変わらず3パットをしてしまう」

 こんなアマチュアの方の声を良く聞きます。なぜ、パットがうまくならないのでしょうか?もちろん、根本的な構え方、打ち方などが間違っていればダメでしょう。しかし、たとえこれらがうまくできたとしても、それでもなお、パットが上手になれない、もっと根本的な原因を抱えている方が多いのです。その根本的な原因とは、圧倒的な練習不足です。
練習場にいくと皆さんは、ドライバーやアイアンの練習は非常に熱心におこなっています。

しかしパットとなると、練習場にその設備がないところも多いためか、ほとんどおこないません。実際のプレー前にちょこっと練習する程度、という方がほとんどなのではないでしょうか。しかし、これではうまくなるはずがありません。パット上手な方は練習時間をドライバーやアイアンばかりではなく、アプローチやパットにも十分にかけているのです。
そんなことをいっても練習する場所がない。とおっしゃる方も多いと思います。しかし、パットの練習はやろうと思いさえすればどこでも可能なのです。家でパターマットを使えば簡単にできますし、カーペットの上でもオッケーです。最近では自宅でもできる色々なパターの練習法が本やネットでも紹介されています。要は工夫次第なのです。パットは日々の努力次第で確実に上達するものなので、少しでも上手になりたいのであれば、できることをできるだけやってみましょう。
まずこのことを頭に入れておいてください。そうすれば少しずつかもしれませんが、必ず違いが出てくることでしょう。