パットの基本





パット専用グリップの方法


 パットのグリップは「手首をしっかりと固定する握り方」をします。ここがポイントなのです。パットでは、ヘッドを真っすぐ引き、真っすぐ出すという動作が求められます。この動作をおこなうには、手首を固定して強制的に動かなくしてしまったほうが、うまくいくのです。手首がグラグラと動いてしまうとヘッドの軌道もブレることになり、正確にヒットできなくなるのです。

では、どのようにすれば手首を固定できるのかというと、まず両手を左右に開いて握ります。具体的には左手を大きく開いて、つまり左側に回転させて強く握ります。右手はというと、手のひら全体でグリップをふんわりと包み込むように握ります。しっかり握るのは左手です。右手はそっとあてがうことで、微妙なタッチが出せるようにします。



ストロークまでの正しい手順


 パットは、リラックスした状態で打たなければ失敗するショットです。そこで、いつも同じ手順でストロークすることで、リラックス状態にします。具体的には、まず時間をかけラインを正確に読みます。そして、ラインを読んでいる間に心を平常心にもっていきます。
ラインが読めたら、2~3回素振りしてから、ラインに対して右手でヘッドをスクエアにセットします。そして、グリップを左手に持ち換えて、左手を正確にグリップしてから、右手をあてグリップを完成させます。最初に右手をセットするのは、利き腕である右手でセットしたほうが、フェース面を正確に目標にセットできるためです。  このように必ず決まった手順でセットアップすることで、心をリラックス状態にもっていくのです。