パットのライン





パットのラインは2通り読みましょう。強めに打ったときとジャストタッチで打ったときのラインです。アマチュアの人のパットがカップ手前で切れるのはラインは強く打つ浅い読み方なのに打ち方が弱いからです。また、ボールが転がり始めてから、常に曲がるイメージでラインを読みます。曲がりの頂点を直線的に狙うのではなく、両方のラインの間を通すように打てば打ちかたが弱くてもカップ手前で切れることはなくなります。

肩ではなく腹を縦に動かす


パッティングのストロークは肩の振り子で、とよく言われますが肩よりも腹を縦に上下させてストロークしたほうがいいと思います。その方が腹に力が入って、下半身も安定するからです。グリップは人それぞれですが、右手のヒラがフェースの向きと一致するように握ると方向性が良くなると思います。

頭を動かさずフェースをカップに向ける


5m位の距離、ヘッドの軌道がどのように動いてもあまり関係ありません。 インパクトでフェースがカップを向いていればいいのです。しかし、体や体が動いてしまうとフェースの向きが変わりやすくなってしまいます。頭を動かさないコツはフォローを左太モモ前くらいで止めてしまうこと。無理にフォローを長く出そうとしないことです。
この位置でヘッドを止めれば、頭が動かずにフェースの向きが変わることもないでしょう。

フェースを開けばフックラインは入る


ショートパッドでも少し曲がる場合。例えばフックラインのとき、カップの右端を狙って、そのラインに対してスクエアに立つのは難しいものです。フックのときは少しフェースを少し開いて構える。そしてカップの真ん中を狙って打てば、ボールはフェースの向いた方向に転がるのでやや右に出て曲がり、カップに入ります。スクエアに構えるより簡単でしょう。