パット・ストローク式のポイント





腕と肩が作る五角形の形を崩さない



具体的な打ち方について説明していきます。まず、ハンドアップにして、ヘッドを若干ですが吊るように構えます。このとき、肩と腕が五角形の形になるようにします。この五角形の形が、スイング中に極力崩れないようにしてストロークします。スイング幅は左右対称が基本ですが、若干フォローを大きくとったほうが球の転がりがよくなります。そして特に、左手の手首の角度に注意してストロークします。この手首の角度が変わらないよう、アドレスの時の状態をずっとキープできるようにすればいいのです。




方向性はアドレスまでに決めストローク中は距離感だけに集中する



 なぜ、特に左手の手首の角度を固定するかというと、左手が舵取りをおこなっているからです。つまり、左手で方向性を出すのです。いっぽう、右手は距離感を出すのに使われるのです。このふたつの手は、しっかり役割分担しているのです。左手は方向性を担うため、左手甲が目標を差すようにアドレスします。そして、左手甲の向きに気をつけながら、目標方向に対し真っすぐ引いて、目標方向へ真っすぐ押し出していくのです。そのため、左手甲の向きはストローク中、常に同じ方向を差していなければいけません。そのためには手首の角度が変わってしまってはいけないのです。左手は、強くグリップします。そうすることでこの角度を一定に保ちやすくなります。一方、右手はというと、距離感を出します。利き腕である右手のほうが圧倒的に器用なわけですから、右手で距離感を出したほうが正確になるのです。つまり、方向性は左手甲の向きと手首の固定で決定されるわけですので、方向性を決めるのはアドレスまでで終了してしまうのです。そして、ストローク中は方向性のことは忘れ、距離感だけに集中します。そうすればしっかりと役割分担ができ、正確に打っていくことが可能になるのです。