パッティング練習





 パットで一番多いミスは手首をコネた打ち損じです。フェースの面が変わるために方向性が狂ってしまい、さらにヘッドが前に出ないため距離感が合わないなどの失敗になります。こうした打ち損ないの失敗はどうしたら直るのでしょうか。1つの方法としては、大半のプレーヤーがパットの際に目をボールやヘッドに向けているはずですが、この目線を変えてみることです。パターのグリップエンドを、見るようにします。エンドの動きが止まらないように監視します。ストロークに合わせてエンドが左右に動いているかどうかを確認するのです。とくにダウンでエンドが前にいかず、その場にストップしているのは、手首をコネた動きになってしまっているのです。
 もう1つの方法は右手に1個ボールを握ってストロークしてみます。握ったボールが右手の働きを弱めるのです。右手が強いと手首がインパクトで折れ曲がってしまうのです。ボールを握ったことにより、太いグリップと同じ感覚になって手首の折れがなくなるのです。



ボールを正しくヒットするには


上級者の中にはボールの上っ面を叩いてトップスピンをかけるという人がいます。球足を浴するという打ち方ですが、現実的にボールの転がりが良くなるとらえ方なのです。
 クラブを2本用意し、練習グリーン上にボールの幅よりも広めに平行に寝かせます。2本のシャフトの間にボールを置いてストロークするのです。このときの手ごたえが頼りないと感じるようなら、ふだん球足の良くないストロークをしているということです。シャフトの上でしかボールを打てないので、ボールの上を叩いている感じはあるでしょうが、実はこの感覚が正しいのです。これが球足のいい打ち方なのです。ボールの上っ面を叩いてトップスピンをかけるといいますが、たしかに、フェースの下部でとらえたほうがボールの転がりは素直になるのです。



まっすぐストロークするには


自分が想定したラインにボールを乗せるにはパターヘッドがスムーズにまっすぐ動かなければなりません。ところが、狙い通りにいかないとしたら、ヘッドがストレートに動いているとはいえません。こういう場合には別のクラブを1本、ラインに合わせてグリーンに寝かせます。そのシャフトに合わせてヘッドがまっすぐ動いてるかどうかチェックします。
フォローの段階になると、案外ヘッドが中に引けたり、逆に外に出て行ったりしているものです。もしそのようにまっすぐ動いていないとしたら、シャフトに沿ってストロークする練習を行います。ヘッドをまっすぐ出していくことに関して、もう一度チェックしたいのはフェース面がまっすぐになっているかどうかです。それにはティペッグを2本、ラインに対して直角の位置でグリーンに突き刺しておきます。その間をボールが抜けるように打ちます。ボールを打ってから、フェース面が両方のティに同時に当たるようなら、まっすぐに出ている証拠です。どちらか一方を倒すようなら斜めに当たっているのです。



ショートパットを外さないために


カップを中心として半径1mほどの円周上にボールをいくつか並べます。そのボールを1個ずつ順に打っていき、全てをカップインさせます。なんでもないような練習ですが、短いパットに強くなりたいと真剣に考えるのなら、そこに条件を付けるのです。それは、もし1個でも外した場合は最初からやり直すということです。たちまちこの練習はハードになるはずです。なにしろ全てカップインさせなければならないのですから。たとえ、ラインが分かっていたとしても今度は集中力が問われます。気持ちを集中させないと短いパットは入らないのです。