パット・スイートスポットで打つためのコツ





ベント芝は傾斜優先で読む、高麗芝は芝目優先で読む

狙ったところに打てたのに入らない。ということはよくあることだと思います。 その原因として考えられるのが、ラインを正確に読めていないことや、想像していたよりも芝目がきついなどが理由だと思います。そこで、芝目の正確な読み方ですが、ベント芝か高麗芝なのかで読み方の基本が違うのです。ベント芝は芝芽がきつくないので傾斜優先で読みます。
 ですが高麗芝は芝目がかなりきついため芝目優先で読むのです。つまり、高麗芝の場合はたとえ傾斜が右に傾いても、芝目が左に流れているときは左に切れることがあります。しかし、ベント芝はこのようなことはまずないでしょう。
 ところで、同じ芝目でも、芝目の影響を受けやすい打ち方と受けにくい打ち方とがあります。具体的には、ボールの上側をヒットすると薄く当たるので、芝目の影響を受けやすくなってしまいます。ボールのヒッティングポイントはボールのセンターが理想的です。そうなれば、芝目の影響を受けない順回転がボールにかかります。



ボールのセンター部分にスイートスポットを当てる


 ラインに影響を受けない強い球を打つ方法についてですが、それにはボールを厚く打たなくてはなりません。厚く打つためには、前述したようにスイートエリアでボールのセンターをしっかりヒットします。そうすると、打ち出し直後、ボールは一瞬スライドし、やがて順回転をしはじめ転がっていくのです。正確にボールのセンターでヒットできるために、ボールのセンター部分にスイートスポットが当るように構えます。そのためには、ヘッドを若干浮かせて構えなくてはなりません。