パット・距離感を合わせるコツ






立ち気味に構えてボールをできるだけ上から見る


パットは立ち気味に構えたほうが、ヘッドを真っすぐ引いて真っすぐ出しやすくなります。
この立ち気味に構えるというのは、状態をかがめずに、背筋をしっかりと伸ばして構えることをいいます。ヒザの曲げ具合も少なくして、ボールをできるだけ高い位置から見るように構えます。立ち気味に構えると、ボールをより上から見下ろすことができるため、ヘッドの動きも見やすくなるのです。ということはストローク中のヘッドが視界から外れにくくなり正確にストロークすることが可能になるのです。さらに、立ち気味に構えると、身体全体に力が入らず、自然体で構えることができるのです。逆に、かがんで構えてしますと、筋肉にも余計な力が加わり、テークバックもスムーズにできづらくなってしまうのです。このとき、スタンス、ヒザ、腰、肩のラインが同じ方向を向くようにしましょう。どこかひとつでもクロスしていては正確にテークバックできなくなります。




肩は上下に動いてもいいが水平回転ではヘッドを真っすぐ引けない


 パットで特に気をつけたい3つのポイントを紹介します。
ひとつめは、腕と肩が作る五角形の形を崩さないようにストロークすること。ふたつめは手首を固定して使わないということ。このふたつの条件をクリアするストロークをおこなうためには、肩を上下させるように回転させます。これは肩を水平回転させたのではうまくいきません。実際にパターを持ってやってみてください。五角形の形を崩さずに、しかも手首を固定したままでヘッドを真っすぐ引いてみてください。右肩は上がり、左肩は下がります。肩を水平回転させたのでは、ヘッドはインサイドに引けてしまいます。  最後のポイントですが、頭を残して打つ、ということです。ボールの行方が気になって行方を追ってしまうと、頭が動き、一緒に身体も動いてしまうのです。頭を残すことでこのミスを防止することができるのです。